blog

2018/05/23 07:14

2020年の東京オリンピックから新種目にサーフィンが採用されることとなりました。

カリフォルニアで生まれ、日本人の両親をもつ五十嵐カノア選手に注目が集まっています。

ケリースレーターやミックファニングが参戦しているワールドツアー(WCT)に2016年からクオリファイされており、
現在でも世界トップランカーの中でしのぎを削っています。

日本とアメリカの国籍を持っていますが、この度日本代表として参戦する意思を表明したようです☆

年間365日のうち70%ちかくは海外を飛び回りツアーを回っている多忙さですが、彼が活躍することでサーフィンの
知名度があがることはうれしい限りです。

是非、彼のライディングをチェックしてみてください。